性同一性障害克服とは、中村中からみる

サイトマップ

性同一性障害への偏見

性同一性障害への偏見/子供の場合

性同一性障害は昔は単純にオカマやホモまたはオナベといった言葉で片付けられていましたね

実際私の子供のころはそんな白い目でそんな性同一性障害を持った子はみられていました

今は性同一性障害が認知されて芸能人にも中村中などをはじめとして世間的に認知されています。しかし子供の間ではそうではないようです。やはり知らないものに拒否反応をしめすようで・・・

わたしの友人の子供が性同一性障害を抱えて悩んでいるとききました。学校で「オカマ野郎」「ホモキモイ」などといわれているそうです。

そのような時はテレビドラマの世界では金八先生のような(古いかな?)ヒーローが表れて救ってくれるんですが現実ではありえません。自己解決するしかないんですよね。

性同一性障害への学校の対応

先生も一緒に白い目でみているようです。大人になればかえって堂々としていけるのですが子供は学校という狭い枠の中で生きていかねばならず、その中での「学校の常識」にとらわれなければいけません

やはり性同一性障害を抱えている子は子ども時代は隠して生きるしかないのでしょうか?・・・

学校としてはあくまでもノーマルな子を対象としているとのことのようで・・・・

posted by 中村中ファン | Comment(0) | 中村中 性同一性障害関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。